カードローン比較ラボトップ > 金利でカードローン比較

金利でカードローン比較

金利でカードローンを比較する際の注意ポイント

 

1.まず、必要な借入金額を決める。

まずは、「いくら必要なのか?」を決める必要があります。注意して欲しいのは、「いくら借りられるか?」で、ご自身の借入可能額をそのまま借りてしまう方がいますが、枠があることと、その金額を借りることには大きな違いがあります。必要外の金額を多めに借りてしまうと、そのまま使ってしまうのが人間です。いざというときのために枠は残して、本当に必要な額を決めましょう。

また、カードローンの金利は、借入する額によって、金利が違うのが一般的です。100万以内の借り入れであれば○○%、100万〜200万円の借入であれば△△%といった形です。つまり、借入金額を設定せずに比較しても意味がないのです。

2.借入金額での金利を調べる。

必要な借入金額を決めたら、その借入金額での金利を調べましょう。注意しておかなければならないのは、借入金額ごとに金利が分かれていないカードローンもあるということです。その場合は、申し込んでみないとわかりません。ただし、これは最後の手段。まずは、情報としてわかるカードローンをピックアップして比較してみましょう。

3.対象の金利を比較した上で、候補を2、3絞り込む

ピックアップしたカードローンの中で、2、3候補を絞込みます。注意して欲しいのは、金利が一番安いところが、実際に一番低い金利で借りれるところではないことです。審査の結果で、希望の融資額を借りれないことも出てくるのです。つまり、この候補選定の段階では、2、3選択肢を残しておきながら、審査の通りやすさなどを口コミ情報などで調べ、一番可能性の高いカードローンを選ぶといいでしょう。

4.優先度の高いカードローンに申し込む

同時に複数のカードローンに申し込むと、申し込むブラックとして、審査に通らない可能性が高まります。まずは、優先順位が一番高いところから、申込みましょう。