カードローン比較ラボトップ > 融資速度でカードローン比較

融資速度でカードローン比較

融資速度でカードローンを比較する際の注意ポイント

 

1.融資までが早いカードローンには、3段階あることを認識しよう。

即日融資、遅くても翌日は消費者金融系カードローンだけ

「明日結婚式で朝までにお金が必要だ。」といったときなどに活躍するのは、消費者金融系のカードローン。審査は最短30分ぐらいで完了するところが多い。遅くても3時間。今では、アコムなどスマフォだけで完全にネット経由のみでの申込みも可能になっている。すぐにお金が必要な場合は、消費者金融系カードローンに頼ろう。

次に早いのは、ネット銀行系のカードローン

ネット銀行であれば、ローンカードが必要なく、借り入れが可能なため大手都市銀行のカードローンに比べて、融資までのスピードが速いのである。厳密に言えば、カードローンという名前も、おかしいのだが、各社ネットローン、スーパーローンなどという名前で呼んでいる。これは、審査が完了したら、メールにてネットバンキングのID/パスワードなどが送付され、その時から24時間借り入れが可能になる。審査までのスピードは、2、3営業日かかると思っておいたほうがいい。

一番時間がかかるのは、都市銀行、メガバンクのカードローン

都市銀行やメガバンクのカードローンは、その名のとおり、審査完了後、ローンカードが郵送されて、そのローンカードを使って、ATMなどから借り入れが可能になる形が多い。つまり、審査も時間がかかるのだが、ローンカードの郵送の到着までいれると、大抵2週間ぐらいはかかってしまう。低金利な反面、スピード感がないため、余裕のあるときに申し込むのに向いている。

2.各ホームページでどのくらいの時間がかかるかチェック

大枠で、3つのうち、どのカードローンにするかを決めたら、実際に該当のカードローンのホームページで、審査までの時間、審査後から融資までの時間を確認する。サイトのトップページには、多くの場合、「最短当日」というような宣伝的な書き方がしてあるが、「よくある質問」などのページには、具体的な営業日が書いてあることが多い。

面倒な場合は、下記のようなサイトを参考にしよう。
カードローン比較ラボ